サスペンスにも色々あります。

手に汗握る法廷モノだったり

最後の最後に大どんでん返しがあったり

ホラーやスリラーの要素が強かったり

 

でも、今回紹介する『シンプル・フェイバー』はコメディな色合いの強いサスペンスなんです。

ちょっと変わったジャンル、いやジャンル分けはできない作品ですね。

 

(c)2018 Lions Gate Entertainment Inc.All Rights Reserved

 

物語の主人公は二人の女性。

ステファニーはシングルマザーで、YouTuberみたいなビデオブロガーとして生計を立てている。

エミリーはセレブリティなファッション業界で働く野心的なキャリアウーマンだ。

全く対照的な二人が、子供が同じ学校という共通点から仲を深めていく。

が、キャリアウーマンのエミリーが突然失踪してしまい、ステファニーはその真相を追うことになるが、、、

 


 

ステファニーを演じるのはアナ・ケンドリック

『マイレージ、マイライフ』(ちなみにこれも大好き)で頭角を現すと、大ヒットシリーズとなった『ピッチ・パーフェクト』では主人公を演じ、歌って踊って一躍スターになりました。

 

元々コメディエンヌとしての才能にも恵まれていて、今回のちょっとダサささえ見え隠れする、でもキュートで可笑しみのあるステファニーを見事に演じ切りました。

見ていてスカッとしましたね。

 

セレブでカッコいいエミリーを演じたのはブレイク・ライヴリー

大人気ドラマ『ゴシップガール』で注目を集め、その後も順調にキャリアを重ねた彼女はウディ・アレン作品でもミューズを演じるなどその人気もうなぎのぼりです!

プライベートでも夫でこれまた大スターのライアン・レイノルズとは“おしどり夫婦”としても有名で、現在第三子のお子さんを妊娠中です。

ライアン・レイノルズとブレイク・ライブリーのカップルなんて最強すぎるわ!

 

 

(c)2018 Lions Gate Entertainment Inc.All Rights Reserved

 

冒頭に書いたようにコメディのようで、サスペンスのようで、今まであまり味わったことがない作風に仕上げたのは監督のポール・フェイグさんです。

『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』という傑作コメディが全米で大ヒットすると、その後『デンジャラス・バデイ』、『ゴーストバスターズ』(2016)と女性キャストによるバディムービーで好評を得ます。

なので、今回のように好対照の女性二人を主人公にした物語は、監督にとってはお得意のジャンルだったりもするんですね。

 

 

(c)2018 Lions Gate Entertainment Inc.All Rights Reserved

 

それから、本作のもう1つの見どころが主人公二人のファッション。

特に身長178cmという抜群のスタイルのブレイク・ライヴリー嬢の着こなしには惚れ惚れしてしまいます。

劇中で主人公の二人が着用した衣装は50着を超えるそうで、実は映画の前半と後半で大きな分岐点があるのですが二人の衣装の変わり目にも注目です。

 

 

(c)2018 Lions Gate Entertainment Inc.All Rights Reserved

 

サスペンス映画なので、極力ストーリー展開には触れない方がいいと思うので、物語の行方についてはぜひ皆さんの目で確認してもらいたいなと思います。

クスクス笑えて、ハラハラドキドキして、ブラックジョークの効いた秋の夜長にピッタリのサスペンスです。

ぜひご鑑賞ください!