前回の 「 lofi hip hop 」勉強中や作業中、まったりしたい時にナイスなBGM に引き続き、lofiのLIVEチャンネルを聴きながら作業をしているといいなと思う曲があり、digdig(もといググる)していくと新しい tomppabeats との出会いがあったので紹介したいと思います。

 

ちなみにサイトで紹介したいと tomppabeats にお願いしたところ、「好きに紹介していいよ!」と、とても優しい対応頂きました…。ヘルシンキの神とは貴方のことだったのか…。
(私も人に優しくありたい…!)

 

まずは聴くが早いということで。

 

50 Cent の In Da Club が、まあまろやかに入り込んでいる。
とてもハッスルでマッスルなギャングが歌っているとは思えない。
これが tomppabeats MAGIC 🙂

 

tomppabeats(トンッパビーツかトンパビーツか) が気になってYoutubeでさらに探したら、車の中で毎回地元のビートメーカーとメルボルンのプロデューサーを紹介する「 Ride With It 」というシリーズを見つけました。

 

なんとそこに tomppabeats がゲストでいたー!
初めて目にする tomppabeats!綺麗な音楽を作れそうな人だと微笑ましくみてしまい、なんかもうキャラクターも合間ってさらに好きになりました。

 

最初の始まりの曲に入っている音が日本の競りとか市場のようにも聞こえますねー:)
曲の端々に日本だったりアジア圏の音がたくさん使われています。

 

そんな tomppabeats の出身はヘルシンキ!
(…どこだっけ?)
同感です。

 

ということで調べたところ、フィンランドの首都でした!
道理で聞いたことがあるはずです。遠い昔、世界地図で出会っています。
働け、脳みそ。よみがえれ、大脳皮質。

 

「 Ride With It 」 の紹介文を見ると、tomppabeats はフィンランドのヘルシンキ出身ビートメーカーで、LAと日本のビートシーンや Nujabes・J Dilla・Flying Lotus などの影響を受けているそうで、世界中で注目を集めている DUSTERA というレーベルで最近デビューし、「 Habour LP 」をリリースしました(ビデオのアップ日が2016年12月なのでそのくらい?)、という内容が書いてあります:)
アジアな音源が入ってるのはこういうことだったんですね。

ウワサの「 Habour LP 」

 

癒される曲がたくさんありますね。
なんてったって made with love だもん!!

tomppabeats – Habour LP の購入はこちらから!
https://tomppabeats.bandcamp.com/

そんなこんなで、音楽って本当にいいですよね!
さよならっさよならっさよならッー!

 

tomppabeats の曲は他にも以下でたくさん聴けますので是非聴いてとろけてみてください。

 

tomppabeats – soudcloud

tomppabeats – Youtube
https://www.youtube.com/channel/UC7N69N3qveyFMFBhf_qd6DA