音楽・アート・伝統芸能

ジャンルを超えたプロフェッショナル達に空海が宿る

新感覚・劇場エンターテインメント【空海劇場2018】開催

 

 

出演者は総勢100名以上。2011年から続く劇場エンターテイメント【空海劇場2018】が3月24日(土)、福岡県宗像市の宗像ユリックスで開催されます。

 

宗像には、空海が建立した真言宗最古の寺院といわれる鎮国寺があり、その寺には今もなお数々の空海伝説が残されている。「空海劇場2018」 は、この鎮国寺を題材として取り上げます。

 

空海劇場とは「弘法大師・空海」の生き方や信念を音楽、アート、伝統芸能、映像、トークセッションなど、様々な表現の融合で描き出す、唯一無二の新感覚・劇場エンターテインメント。空海を「宗教家」ではなく、日本の歴史に大きな革新をもたらした「イノベーター」として捉えています。

彼の意志や信念、行動力こそが、現代の世の中に必要であると考え、

その価値を現代に受け継ぎ、未来に伝承していく“祭り”プロジェクト。それが「空海劇場」です。

 

 

「空海劇場2018」は、空海の半生における心理を、エンターテインメントとして表現します。
空海の人生。それは、真実の生き方を求め続け、受難に遭いながらも信念を忘れず、懸命に邁進することで、与えられた使命に気づくことができた波乱と歓喜に満ちたものでした。「空海劇場2018」では、この空海の心象風景を4つのプログラムで構成し、表現することで “生きる上で大切なことは何か”を観客・参加者すべての方に伝えていきます。

出演者は総勢100名以上。ソプラニスタの岡本知高さんをはじめ、さまざまな分野で活躍するプロフェッショナル達のセッションをご覧いただけるのも「空海劇場2018」の見どころの一つです。

 

 

この機会にぜひ、福岡にゆかりのある賢人「空海」の世界をご堪能ください。

 

 

◆イベント概要

空海劇場2018 〝天に与えられし使命の想像〟

開催日:2018年3月24(土)

時間:開演 15:30〜/ 終演 18:45(予定)

会場:宗像ユリックス イベントホール

出演:岡本 知高/ 名越康文/ 深町 健二郎/

立部 瑞真/ 坂口 聡/ 里地帰/ 中島 GEN 元治/

ジャパンマーベラス/ 楽満 信幸/ 宮窪 研、他

入場料:S席 10,000円 / A席 8,000円

/ B席 5,000円

 

▼公式サイト

http://www.kukai-gekijo.jp/