超豪華キャストで贈る、男子禁制のガールズ・トーク・ムービー!

電話が来ない-忙しいのよ

結婚しない-愛があれば関係ないわ

浮気してる-正直に打ち明けてくれたの

いいえ-彼はあなたに気がないだけ

 

© 2009 New Line Productions, Inc. Distributed by Warner Home Video. All rights reserved.

恋をすると起こる、すべての出来事を自分の都合のいいように解釈してしまう“素敵な勘違い”という現象があります。

 

連絡がないのは忙しいだけかも。LINEの返信が遅いのも返信できない状況にいるだけかも 。返信は遅くてもちゃんと返してくれるし。誘ったらきてくれるのは嫌われてはないはず。彼が私に冷たいのは愛情の裏返し?などなど、恋する女性は素敵な勘違いに翻弄される、というか素敵な勘違いを自ら選ぶことによって自分を守る傾向が強いように思えます。(そうじゃない男前な女性もたくさんいるけどねー!)

 

これって、小学校時代から呼んでいた少女漫画の影響も多々あるように思えるのですが、映画の冒頭で、男の子からいじめられたと泣く女の子に、お母さんが「その男の子はあなたのことが好きなのよ。男っていうのは好きな女の子をいじめるもの」とおしえているシーンがあります。

これって耳にしたことあるよねー。

男の子は好きな女の子に意地悪するっていう話。

この頃から素敵な勘違いを私たちは刷り込まれていくらしいよ。

© 2009 New Line Productions, Inc. Distributed by Warner Home Video. All rights reserved.

主人公のひとりジジは、そんな素敵な勘違いを繰り返し、恋愛に失敗してきた女性です。今回もそんな素敵な勘違いを素直に信じている彼女は、偶然知り合った男性アレックスにおしえられます。

「男の子が好きな女の子に意地悪する」=「電話する気があっても電話がないのは何か理由がある」そんな幻想を信じるジジにアレックスは

 

『男なら気になった女には電話する。彼から連絡がないのは気がないから。』

 

だとバッサリ(゚∀゚)

 

いやーごもっともなんですけどね。その通りなんですよね。

たまにほんとに気があるけど、忙しくて連絡できなかっただけとかあるでしょうけど、

 

それ例外ですから(゚∀゚)

 

大抵が気に入られてたら連絡きます(゚∀゚)

彼の方からアプローチがあります。

誘われます。

そんなの誰でもわかります。

 

自分の身に起こっている時じゃなければ!!(゚∀゚)

 

人の恋愛ははたから見ていて冷静に判断できるのに、自分のことになると自虐行為&素敵な勘違いに陥っていくのは否定できない・・・・(これ私の話か・・・・)

まぁいいや。そんなジジを可哀想に思ったのかアレックスはジジにいろいろとアドバイスをしてくれます。

このアレックスがさー!!“特定の彼女は作らない”、“恋愛は本気にはならない、楽しむもの”って決めてるプレイボーイ(女を消耗品扱い!)なんですけど、憎めないんだよね・・・

 

© 2009 New Line Productions, Inc. Distributed by Warner Home Video. All rights reserved.

演じてるジャスティン・ロングってそんなにめちゃくちゃかっこいいわけじゃないのに(ごめんジャスティン)かっこよく見える。(私の好みってだけか・・・)

※彼はこの映画をプロデュース・出演しているドリュー・バリモアと、出演がきっかけで交際をはじめ、2008年4月には『イン・タッチ』誌で「イチャイチャ度ナンバーワンカップル」に選ばれてますから、バリモアちゃんもメロメロだったんでしょうね。(その3ヶ月後に破局してますけど)

さて、話は映画に戻りますが

アレックスに素敵な勘違いをことごとく正され、ジジもようやく恋愛がうまくいくようになるかも・・・・てとこからいろいろと恋愛模様が描かれます。

私が一番感情移入しちゃったのはジジなんだけどさ、(それだけ私も素敵な勘違いは多い(゚∀゚))彼女が大事にしている“失恋してもバカにされてもうまくいかなくても、その人を好きだと思う気持ちはいつでも本気”っていうのは、それとっても大事なことだと思うんだよね。

と、そんな女性の恋愛観満載で、キャッチコピーにもあるようにめっちゃガールズトーク盛りだくさんの映画なんですけど、女心を勉強するには最適の映画なんで、男性の方も観てみたらよいのでは・・・なーんて。

この映画は、素敵な勘違いしまくるジジだけが主人公ではありません。

© 2009 New Line Productions, Inc. Distributed by Warner Home Video. All rights reserved.

同僚のジャニーン(ジェニファー・コネリー)は夫であるベン(ブラッドリー・クーパー)に浮気され・・・(その浮気相手がスカーレット・ヨハンソン。わかるわ〜〜〜)、

© 2009 New Line Productions, Inc. Distributed by Warner Home Video. All rights reserved.

ベス(ジェニファー・アニストン)は7年間同棲している彼氏のニール(ベン・アフレック)が結婚する気がないことを知りもやもや・・・・

ジジ、ジャニーン、ベスこの3人のドラマが同時進行して行くんだけど、それも「あーそれあるー」とか「あー笑えねー」と思うようなものがけっこう出てきますので、女子必見です。ていうかこれ観てると恋愛したくなります。失恋してても元気になります。女子が元気になれる映画です。

© 2009 New Line Productions, Inc. Distributed by Warner Home Video. All rights reserved.

浮気相手がスカーレット・ヨハンソンってわかる〜

そしてスカヨハの末路もなんかわかる〜

(私はスカヨハ大好きだけど( ´∀`)b)

そして

ブラッドリー・クーパーがゲス(゚∀゚)

© 2009 New Line Productions, Inc. Distributed by Warner Home Video. All rights reserved.

あ、ごめんブラッドリー・クーパーじゃなくて役がね、役が。

3人それぞれが、それぞれの結末を迎えるんですが、これある意味全員がハッピーエンド!おまけのバリモアちゃんの恋愛もよかった!(実生活ではジャスティン・ロング捕まえてるしな)

とにかく、登場する女性が全員魅力的。そして恋愛って難しいけど、誰かに愛情を持つっていうことはとても素晴らしいことなんだなって思え、あなたも恋をしたくなるのですよ。