小説投稿サイト「エブリスタ」で話題を集めた携帯小説で、2014年には漫画化もされた人気作品「カラダ探し」を、橋本環奈の主演で映画化。無残に殺される日を何度も繰り返すことになる高校生たちの恐怖を描いた。

7月5日、女子高生の森崎明日香は、校内でいるはずのない幼い少女と出会い、「私のカラダ、探して」という不気味な言葉をかけられる。不思議な出来事に違和感を覚えつつも、いつも通りの一日を終えようとしていた明日香。しかし、午前0時を迎えた瞬間、気が付くと彼女は深夜の学校にいた。そこには明日香の幼なじみで最近は疎遠になっていた高広と、普段は接点のないクラスメイト4人も一緒にいた。困惑する6人の前に、全身が血で染まった少女「赤い人」が現れ、6人を次々と惨殺していく。すると明日香は自室のベッドで目を覚まし、7月5日の朝に戻っていた。その日から6人は同じ日を繰り返すことになり、そのループを抜け出す唯一の方法は、とある少女のバラバラにされたカラダをすべて見つけ出すことだった。

主人公の明日香を橋本環奈、幼なじみの高広を眞栄田郷敦が演じるほか、山本舞香、神尾楓珠、醍醐虎汰朗、横田真悠ら注目の若手キャストが集結。「海猿」「暗殺教室」など多数のヒット作を手がけてきた羽住英一郎監督がメガホンをとった。(映画.comより

死んでも死んでも、殺される!ループ型ジャパニーズ・ホラー!!

©2022「カラダ探し」製作委員会

「カラダ探し」観てきました。私事で恐縮ですが、ジャパニーズホラーがダメなんです。クリーチャーホラーは大好きなんだけどね。「遊星からの物体X」とか「トレマーズ」とか「グリード」とか「クリッター」とか「アナコンダ」とか「エイリアン」とか(好きなやつ多すぎでどんどん出てくる)いわゆる化け物系が好きなんです。なんでかっていうと、まず現実とかけ離れてるから安心するんですよ。エイリアンなんて宇宙の果ての悲鳴も届かないところの話だしね。

でもさ、ジャパニーズホラーは違うわけですよ。家でお風呂入ってるときとかシャワー浴びてるときとか、映画でみたシチュエーションがそのまま出てきたりするわけ・・・。一人暮らしとかちょっと物音とかするとびくっとかなるじゃないですか。ジャパニーズホラーはさ、“びくっ”ってさせ方がなんかリング以降ひどいよね!リングは最初の長編ドラマはよかったけど(高橋克典のやつ)、映画のリングはもう真田広之の死に顔とかあれはもうダメ、ダメダメ、あんなのトラウマ級ですよ。

ってことで「カラダ探し」、実はあまり気乗りしてなかったんです。絶対怖いし。どう考えても私が苦手そうなやつだし。でも私の好きな橋本環奈ちゃん出るしなー観ようかなーと思って恐る恐る試写で観せてもらいました。(橋本環奈のたまに“橋本環奈を捨てた感ある役者っぷり”出すのが好き)

とにかく眞栄田郷敦がずるい

©2022「カラダ探し」製作委員会

案の定、開始30分は私が苦手なジャパニーズホラー感満載でほぼ目をつぶって観てました(ダメじゃん)。でもさ、始まって思わぬ誤算があったのよ。眞栄田郷敦出てるじゃん。ビビりすぎて映画の情報を橋本環奈以外ほぼ入れずに試写に突入したので、眞栄田郷敦が出てるとは知らなかった・・・。そこそこ好きなのにチェック不足・・・。

ということで、眞栄田郷敦出てるから目をつぶれなくなったんですよこれが(半分ウソ)。ビビリ過ぎてほぼ目をつぶってたけど、だんだん“怖いだけじゃない”シーンが増えてくるのよね。主人公達もなんだかこのゲームを楽しんじゃってて、あれ?これホラーだったよね?高校生の青春ドラマですか??っていうシーンに変わっていったりして、気がついたらもう目をつぶらずに観れるようになっちゃってました。

そして高校生の眞栄田郷敦はやっぱりずるいんよ。かっこよすぎるし、役柄も男前すぎるし、女子が少女漫画で憧れる“実は密かに守ってくれている幼馴染”ってずるいでしょうよ。設定からしてさ!!!それを郷敦ですよ!!ちょっとキュンとしちゃったりして、ちょっとまってこれホラーだったよね?ってたまにわからなくなってました。

予告にも出てたから書いちゃうけど、バックハグよかったー。あれ観るだけでもホラー苦手な女子はこの映画観る価値あると思う。眞栄田郷敦って、彼のファンだけじゃなくても好感度高いから楽しめると思います。すっごくいいやつを演じることが多いけど、今回もすっごくいいやつです。で、ルックスがもうたまらん。かっこよい(笑)。見てよこの上の写真とか、郷敦に口ふさがれたいよね。

やっぱり橋本環奈の演技はすごい

©2022「カラダ探し」製作委員会

今更の話ですけど、橋本環奈ちゃんって、ある意味鳴り物入りで映画デビューしたと思うんですよ。福岡の地元アイドルRev. from DVL(レブ・フロム・ディーブイエル)時代にファンが撮った一枚の写真がバズり、一目惚れしたKADOKAWAの社長が用意した『セーラー服と機関銃 -卒業-』出ちゃうとか、演技経験なしのただのアイドルなのかなと思うじゃないですか。

そんな印象を持ってた私が彼女のファンになったのは、「銀魂」ですよ。これも全く期待しないで観たのに、この映画でも橋本環奈の演技にやられちゃいました。ぶっ飛んでんなーと思って。勝手に私が持ってたイメージをぶち壊してくれて、それからファンになりました。たまにInstagramですっぴんでライブ配信したり、誰かのライブ配信に飛び入りしちゃったりとか、素の彼女をみると“ただのアイドル”が本当に偶像だったんだなと、改めて思います。

そんな橋本環奈ちゃんなので、今回もいろいろな表情みせてくれます。演じる主人公「森崎明日香」はいじめられてるのでちょっと暗いんだけど、だんだんと皆に心を開いていったり、本音を出したり、仲間と楽しんだり、変化を楽しめるのもこの映画の魅力かも。そして、ループ系ホラーなので、何度も死んじゃうんですよ。個人的に一番最初の死に顔はツボです。やりきっちゃってます。

更に、ラストでの見せ場は心の中で“待ってましたー!!”と叫んでました。期待以上の橋本環奈を観せてくれます。ああ、この映画観てよかった。橋本環奈ちゃんも大満足だし、眞栄田郷敦も堪能できるし、怖くないかといえばちゃんと怖いし、でもストーリーのテンポと変化もよくて、気がついたら目なんかつぶらずに最後まで楽しめました。

©2022「カラダ探し」製作委員会

ジャパニーズホラーなんだけど、私のようにクリーチャーホラー好きな人も最後は楽しめちゃいます。最後はむしろクリーチャーホラー好きはより楽しめるかも。ちゃんと怖くて、でも高校生の青春ドラマも観れて(ちょっと“ぼくらの7日間戦争”も入ってるかも)、強い橋本環奈ちゃんも観れるので、普段邦画(特にジャパニーズホラー)観ない人にもおすすめです。10月14日(金)公開です。ぜひ、映画館で堪能してくださいね!

カラダ探し

監督:羽住英一郎

原作:ウェルザード

出演:橋本環奈、眞栄田郷敦、山本舞香、神尾楓珠、醍醐虎汰朗、横田真悠 他

公開日:10月14日(金)

公開劇場(福岡地区):Tジョイ・博多、TOHOシネマズららぽーと福岡、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13、ユナイテッド・シネマ福岡ももち 他

https://wwws.warnerbros.co.jp/karadasagashijp/sp/theater.html

+10