2017年10月に両A面シングル「はんぶんこ」/「夢の続き」でデビュー。2018年1月には2ndシングル「ノイズ」を早くリリース。この曲は全国FM(コミュニティFM含む)・AM(3局)全43局パワープレーを獲得し、TBS系全国「CDTV」2月度エンディングテーマとなる。

某ラジオ局のミニライブには3倍の応募があるなど、ラジオやテレビから流れる彼の歌声に、福岡のファンも急増中。

9月5日(水)に発売になる1stアルバム「半径50センチ」。

手が届く距離、半径50センチで起こる日常のあれこれを、

包み込むような声で12曲聴かせてくれます。

 

ーー僕の知らないところで起きている争いとか、いろんな出来事は、自分ではどうしようもないこと。

思っていても触れられない、本当はどうにかしたい気持ちがあっても、

どんなに手が届かない遠い話を思い憂いていても、どうにもできない。

遠くのものに手が届かないんだったら、大切な人、家族、友達、恋人、自分の周りの人達を大事にしたい。

半径50センチって、知らない人に踏み込まれると嫌な距離だと思う。

その距離で起きているものこそ、大切にしたい。

この距離にいる人達を大切に、見過ごさずにいたい。

そんな思い、気持ちを込めて作られたアルバム「半径50センチ」。

このアルバムをきいてくれた人が、僕の気持ちに共感してくれて、

僕が思っていた50センチという大切な距離が、

その人の50センチとつながる。

それがつながっていけば、あの日憂いた遠くの人達にも届くんじゃないか。

半径50センチはすごく可能性のある、つながっていく可能性のある距離なんだと思う。

よくもできるし、悪くもできる、自分でどうにかできる範囲。

見過ごそうと思えば見過ごせる、でも全部しっかり見渡せる、気を配ることができる距離。

半径50センチ。

こんな話を須澤さんから聴いて、またアルバムを聴きなおしたら、

半径50cmの大事さを思い返すというか、

気にもしていなかった半径50cmに思いを馳せてしまった。

手が届く距離にいてくれる人達を大切にしていれば、

遠くにいる人につながる。

だからまずは手が届く距離を大事に、当たり前に思わずに大切にすること。

遠くの人に、直接手は届かないかもしれないけれど、

いつかは届くかもしれない。

半径50cmってすごい距離なんだなと思う。

アルバムの1曲目に「ユニフォーム」という曲がある。

ーー僕のたどってきた歴史として、野球をやっていて、ドロップアウトして、新しい道に進んだ。

ライブハウスでライブをやったこともなかった。

でも、学生時代に打ち込んでいたものがあって、そこから新しい道に進むことになって、

あれだけ打ち込めるものがあった、あんなにがんばれた自分がいるということが、

自信につながる。

過去があって今がある。

乗り越えていけるパワーになると思う。

全く違う世界でうまくいかなくて、もやもやを社会で経験している人にも、

打ち込んでいたものがある人は、きっと今も大丈夫。

それがユニフォームだと思う。

20代も、30代も、40代も、50代も、

どんな世代の人でも打ち込んでいたものがある人は、きっと今も大丈夫。

大丈夫。きっとあなたは大丈夫っていう言葉って最強だなと思う。

須澤紀信の歌には、どんな世代にも響く言葉が溢れているような気がする。

元気なときも、落ち込んでいるときも、

楽しいときも、悲しいときも。

彼の歌声を聴くと、何かが変われる気がする。

そんなアルバムでした。

※ちなみに私が一番好きなのは「いいんだよ」

歌詞ぐさぐさ刺さります。なんだこれってぐらい。

 

須澤紀信 1stアルバム「半径50センチ」は9月5日(水)発売。

初のワンマンライブは9月29日(土)博多LIV LABOにて。

彼の世界観を、ぜひ感じてください。

●須澤紀信1stアルバム「半径50センチ」 9月5日(水)発売

●須澤紀信『1stワンマンライブツアー2018』
前売3,500円/当日4,000円(税込/ドリンク代別/全席自由・整理番号付)
9月29日(土)福岡・博多 LIV LABO
会場 16:30/開演 17:00
問い合わせ:BEA 092-712-4221