きっと温かくて、優しい涙がこぼれるはず…

そんな作品が今回紹介する『ワンダー 君は太陽』です。

 

簡単にストーリーを紹介すると

主人公オギーは10歳の男の子、遺伝子の疾患で人とは異なる顔で生まれてきました。

27回の顔の手術のせいで自宅学習を続けてきたオギーですが、両親は息子を外の世界へ送り出そうと決意します。

だけど、5年生で入学した学校で、オギーはいじ めや裏ぎりなど初めての困難と出会います。幾度もくじけそうになりながら、家族の愛を勇気に変えて立ち向かうオギーの姿に、周囲の人々が変わり始めていって…

 

Wonder (C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. Artwork &Supplementary Materials (C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 

主人公オギーを演じるのはジェイコブ・トレンブレイくん。

彼は2016年に日本公開された『ルーム』という作品で、母親と共に7年間も狭い〈部屋〉に監禁された少年の役の演技で非常に高い評価を受けました。

〈部屋〉の外のリアルな世界に初めて触れた時の驚きと不安が同居する感情表現、わずか8歳の男の子とは思えない卓越した演技に世界が驚きました。

今作においてもその芸達者ぶりは健在!

特に今作では遺伝子の病気で特異的な顔貌の持ち主という役柄。特殊メイクで彼本来の顔の原型は残っておらず、ほぼ目の動きだけで様々な感情を表現しないといけませんでした。

でも、そんな難役でも彼なら普通に演じきってしまう!特徴的な彼のルックスではなく、その瞳の奥に映る喜怒哀楽の方が心に残りました。

 

   Wonder (C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. Artwork &Supplementary Materials (C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 

主人公の母親を演じるのは、ご存知ジュリア・ロバーツ。

彼女ほどの大女優になると、もちろん映画の主人公を演じることが多くなると思うのですが、今作では主人公をひたむきにサポートする母親をごく自然に演じます。

主役でも脇役でも確固たる存在感を残す彼女は、やはり稀代の名女優の名を欲しいままにしていると言っても過言ではありませんね。

 

Wonder (C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. Artwork &Supplementary Materials (C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 

Wonder (C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. Artwork &Supplementary Materials (C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 

そして、この映画の最大の魅力は、障害を持った主人公の少年の話だけではない、という点です。

彼を取り巻く家族や友人たち、その一人一人にスポットを当てながら物語は語られていきます。

特にこういったいわゆる難病モノって、主人公を中心に描かれていって、健常である周りの人たちってあくまで脇役であることが多いのです。

でも、当然それぞれに人生があって、健常者であっても同じように悩みや壁があって、それを同等に描くことで典型的なお涙頂戴モノとは一線を画してると思いました。

非常に好意的な演出であり、共感を呼ぶ大きな一因になっています。

 

Wonder (C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. Artwork &Supplementary Materials (C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 

よくアメリカの家庭でよく見る風景として、クリスマスとか大晦日に家族集まってピザとか食べながら、みんなで映画を観るってシーンがあるじゃないですか。

日本ではあまりそういう習慣はないかもしれないけど、この作品はぜひ家族団欒で鑑賞して感動を分かち合って欲しいと願う一本だと思います。

もちろん、一人で思いっきり号泣してもいいし、友人や恋人と観るのも素敵ですよ。

今年の冬に一本オススメするなら、誰もが愛してやまない今作をセレクトしたいと思います。

 

まさにワンダフルな作品、『ワンダー 君は太陽』、ぜひぜひご覧になってください!!