大人な女性…
よく耳にするこのフレーズ。
小さい頃、母のドレッサーの前に座るのが大好きだった。

きらびやかに並んでるお化粧品を見て、触っては『大人になったらこんなのを顔や唇に付けていいんだー』そう思っていた。

キラキラして、唇に色がついてて
顔が白くなる魔法の粉。

そんな不思議でワクワクドキドキしたモノ達にときめきを感じていた頃…。

気がつけば、その時の母の年齢もとっくの昔に通り越してしまった私。
そして不思議でドキドキワクワクしたモノ達を毎日普通に使いこなし、魔法の粉に頼っている笑

 

 

 

 

【大人になるってなんだろう。】

フリルやレースが付いた服だって年齢を重ねてもデザインが変わったら着たくなるし欲しくなる。
お花柄だって、ピンク色の服だって時には少女に戻った気分になって袖を通したくなる時だってある。

少女の頃夢見ていたモノを身近に、usualyに使っている毎日をふと鏡の向こう側から見た時、あの頃の想いとはまた違った目線で自分をみれるのかな…

可愛いもかっこいいも両方手に入れたい…

私って可愛い系?
それともかっこいい系?
私にはどっちが似合うの?

そんな迷いも色々な服を着てみたり、色々なメイクをしてみたり、色々なヘアースタイルをしてみたりと挑戦する中で本当に自分に似合うモノが見えてくる。

モノが溢れかえってる現代こそ、色々なファッションを試せる良き時代。

安価でデザインがいいモノも高価で希少価値があるものも上手く自分流に取り入れて着こなせばいい。

エイジレスな女性。
そんな言葉が頭の中にずっと居座っている。
頑張りすぎず、ありのままに…。

大人になるって…?

まだまだ答えは見つけられないけど、無邪気な少女の頃のようなファッションに対するドキドキワクワクだけは歳を重ねても忘れたくないと思う今日この頃。。。

 

今日もまたひとつドキドキワクワクするモノ見つけてしまいました♡

 

Yukimi