友人から絶対行ったほうが良い!と薦められ伺ったのは、広島・尾道にあるホテル「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」。予想を遥かに上回るロケーション、食事、おもてなしでした。という訳で 尾道trip、数回に分けて紹介したいと思います。

 

15:00過ぎ ホテルに到着しエントランスを入ると現れるのが、備後(びんご)デニムのソファと備後デニムで作られたフラワーアレンジメント。この2つを見た瞬間、私のテンションは相当な勢いで急上昇!(そう、デニム素材好きなんですね私w)

 

 

 

 

 

そして、足を進めると ホテルオリジナルで作られた備後デニムのトランクバック。こんなトランクで旅行できたらな。なんて旅の想像を膨らませてくれます。お値段も気になるところですが、さすがに聞けませんw

 

 

 

客室へ案内され、入るとそこには、これまたホテルオリジナル備後デニムのウェルカムテディベアがお出迎え。シーズンによってテディベアの生地が変わるんだとか。ちなみに この子、連れて帰れちゃいます。(そして、連れて帰っちゃいました。)

 

 

さらには、ルームウエアも備後デニム!こちらはメンズ仕様。メンズ仕様のディテールがつぼ過ぎて、何度もシャッターを切ってしまいました。レディースはノーカラーのシンプルなデザイン。男女ともに実は浴衣なので帯もあったのですが、帯を巻かずに羽織るだけで良い雰囲気になってくれます。柔らかいデニム生地にこの風合いが見ているだけでもリラックスさせてくれ、着用すると着心地もとても良し。

 

 

 

 

 

もちろん部屋のソファにあるクッションカバーもデニムです。こちらも生地が柔らかく、肌触りがとても良かった。

 

 

ホテルクルーの皆さんのベストまで、備後デニム。思わず、このベストって購入できないんですか?と質問してしまうほど可愛かった・笑  そうそう。この春以降、ユニフォームが新しくなるとのことだったので、これから行かれる方は、それも楽しみの一つにぜひしてください!(私も新作ユニフォームを見たい。)

 

 

ベラビスタ スパ&マリーナ尾道がある広島県尾道市は、かつて備後(びんご)地方と呼ばれた日本有数のデニムの産地です。その世界最高レベルのクオリティは、有名ブランドからもお声がかかるほど。
ベラビスタ スパ&マリーナ尾道では、こうした備後デニムをはじめとした、‘モノづくり’にこだわってきた尾道の伝統を大切にしたいとの思いから、客室のアイテムにデニムを取り入れる取り組みをはじめました。

※備後(びんご)地方
現在の広島県福山市(坪生地区東部・野々浜地区の一部を除く)、尾道市(生口島・瀬戸田町地区を除く)、三原市(西部・沼田川以南を除く)、府中市全域、三次市(江の川以東)、庄原市全域、世羅郡全域、神石郡全域は、かつて「備後の国」と呼ばれていた。

 

メイドインジャパンの魅力。日本デニムの魅力をホテル内でこんなに味わえるとは思っていなかった私は終始触れていたいと思うほど。地元愛を感じることができるサプライズなおもてなし、ありがとうございました。