マナーを知るとおしゃれが変わる!

 

知ってるつもりで知らず知らずに、以外とマナー違反していた!って事ありませんか?
知ってて損はしないマナー。

今回は結婚式と披露宴でのマナーについて少しおさらいを。

結婚式はフォーマルなお祝いの場。
主役は新郎新婦です。
自分の衣装を披露する場でない事を心得ておきましょう。

でも何がOKで何がNGなの?
そうそうこれが一番知りたいところ。
今時…なんでもありじゃん!って思うかもしれないけど、マナーを知ってて損はありません。

大まかにまとめるとOKなスタイルは、
パステルカラーのドレス、レースのドレス、黒ストッキング、オールインワン、オープントゥの靴、全身黒スタイル、ネイル、ファーのティペットなどなど。

ただし、柄モノのドレスは二次会からが良いし、黒ストッキングは問題ないけど黒タイツはNG。
オープントゥの靴もサンダルやミュールなど大きく開いたものは夜のロングドレスの時のみ可。

 

 

紙袋をサブバックはNG

そして、これよく見かける光景だけど、紙袋をサブバッグにするのは式でも披露宴でもマナー違反です。

エナメルの靴、ビッグクラッチ、カラータイツ、カチューシャ、大振りのアクセサリー、コットンパール、これらはNGアイテムになるので気をつけて。

お昼(午後5時まで)は露出を控えたドレス、夜は胸や背中の開いたドレスにキラキラ光るアクセサリーという風にお昼間と夜とで服装も変わります。
特に冬のこの時期、黒ドレスは品良く見せる最高のアイテム。
アクセやヘアスタイルだけでなく、華やかなデザインを選ぶのがポイントです。
大切なポイントは、喪服と間違われないようにする事。
髪型をアップスタイルにし、デコルテラインを見せ、ネックレスなどアクセサリーで華やかさをプラスする事を忘れずに!

 

 

品格をアップしよう

全身黒は結婚式や披露宴には不向きとされていますが、暗い印象にならなければOK。
あくまで”ドレッシー”に見える事。がポイント。
素材をシルクやサテン、ベロアと言った光沢のあるものを選んでパーティスタイルに仕上げて。

いかがですか?
ちょっとした事だけど知らないより、知っていて損する事はないし、自分の品格も上がります。

着るものは知恵、そして美しさは武器。
態度はエレガンス。
女の魅力は色々な形で表現できるのよ。
(ココ・シャネル)

早速お試しあれ!

 

Yukimi