名づけて、コンテンポラリーアート美術館BAR

 

オープンは2015年10月。今年で4年目を迎える、福岡・大名にある「コスチュームナショナル ウォール福岡店」。訪れた人は、壁一面の植物の壁に圧巻と安堵を同時に感じるに違いない。ただの植物ウォール(壁)ではなく、フランスの現代美術作家で植物学者のパトリック・ブランによる壁面装飾「バーティカル・ガーデン」 が最大の特徴。103種類もの植物から成る国内最大規模(約8m×6m)のパトリック作品なのです。これを見にくるだけでも価値のある訪問ではないかと。

 

 

この巨大な作品を目の前に、ぼんやり眺めていると 一瞬 自分がどこにいるのか?を忘れてしまいそうになる。そんな空間です。そのほかにもヴォルフガング・ティルマンスや宮島達男、ダイアン・アーバスなどの著名なアーティストの作品が多数配された贅沢な空間。コンテンポラリーアートにこだわった空間。まさに、美術館BAR。

 

 

東京・青山と福岡・大名の2店舗展開

BAR「コスチュームナショナル ウォール」は、東京・青山店と大名にある福岡店の2店舗のみの展開なので、福岡の方、福岡へ来られる方はぜひ一度は足を運んでみてください。その作品たちに感動間違いなしです。(*お酒は二十歳を越えてから。)

 

 

FUKUOKA | 福岡店

福岡店はミニマルでシックなブランドの世界観の中、ショップスペースでは新作コレクションをラインナップ。上階にはバースペースである「WALL」を併設し、厳選されたワインやシャンパン、カクテルなどを提供。バーカウンターの壁面を飾るパトリック作品のほかにも、杉本博司、ヴォルフガング・ティルマンス、宮島達男、ダイアン・アーバスなど、さまざまなアーティストの作品を鑑賞できます。