やっぱりスパイス好き。カレー好き。って方へお届けしたいカレーリレー。

 

福岡人なら、根強いファンが多くいる、スリランカーカリーの名店「ヌワラエリヤ」や「ツナパハ」。私も、もちろん長年にわたり そのファンの一人。

 

 

ただ…天神や赤坂がちょっと遠く感じてしまう、博多区民がどうしてもスリランカカリーを食べたくなった時、そう!こちら、数年前より、清川のサンロードにある「モナラ(Monara)」さんへ、まっしぐらw

 

スリランカ、ドライ、ヌードル、イングランド、ベジタブルの5種類のカリーランチ(890円)の中から、私はスリランカしか注文しないという徹底ぶり・笑 ドライカレーもヌードルも美味しいのはわかっているけど、米好き・シンプル味好きなせいで、チャレンジは決してしません。お店のスタッフさんには、いつもドライカレーがおすすめです。って進められるのをお断りしてしまう始末。そして、肝心のカレーのルーは添加物を一切使わず、スリランカから直輸入したスパイスを約30種類をバランスよく調合しているのだとか。

 

こちらは、3辛だったかな。

 

 

そして、こちらはリアルレッド2倍のとき!(裏メニューで8倍まであるそうです。)
辛さに麻痺してしまっている私は、食べれました。でも8倍はさすがに、どうなんだろう…いつかチャレンジしてみたいけど、一人ではその勇気はなかなか出ない…。

 

そして、そのまた別日w

 

一人でさくっと行って、さくっと食べて、さくっと歩いて帰れる、徒歩圏内が うれしいスリランカカリー屋さんです。ランチタイムが17:00までなのもうれしいですね。

 

福岡でスリランカカリーと言えば、このスタイルです。
ある意味、『福岡の味』の定番のひとつと言ってもおかしくはないでしょう。
元祖は、福岡市中央区にある1988年創業の『ヌワラエリヤ』と系列店の『ツナパハ』ですが、
近年増え始めた新店のスリランカ料理店のカレーも、ビジュアル・味共にほぼこのスタイルです。
作る側も食べる側も、この構成と味の呪縛から逃れることができないほど、
人気の福岡式スリランカカリーなのです。