福岡・博多には美味しい焼肉屋さんもたくさん。私が行くお気に入りのお店の一つ、博多駅南エリアにある「赤身焼肉USHIO (ウシオ)」さん。Ashleyカメラマンの、グルメなハジメさんに紹介してもらったお店です。久しぶりに訪ねました。ゆったりとした個室でリラックスできる時間を堪能~。

 

 

霜降りよりは赤身が好きで・笑 最初にいただいたのは、熊本の新鮮な馬刺し(1,500円)。生肉は食べた瞬間からカラダが元気になる。と心底思ってる私w 薬味といっしょに九州の甘~い生姜醤油でいただくのが美味しい。(お肉の前にサラダもいただきました。u s h i o サラダチョレギ風800円)

 

 

そして、焼肉の時に必ず食べるのが、ハツとミノ。これは外せません!ミノはカボスを絞っていただきます。(ミノ900円・ハツ800円)

 

 

そして、タンと赤身3種の登場。赤身の部位は、ごめんなさい。覚えていないという…お肉のオーダーは基本、人任せが好き。 ちなみに焼くのはもっと人任せが大好きっ・笑 というわけでお値段不明…ごめんなさい。

 

 

個室で静かにじっくりいただくお肉に癒されました。お肉の旨さはもちろんですが、スタッフの皆さんの心遣い、これまた最高。鉄板の至福タイムでした。マスカット、ありがとうございました。(美味しくいただきました。)

皆さんもお近くに行かれたら、ぜひお店の空間と美味しいお肉を堪能ください。

 

 

黒毛和牛の雌牛にこだわった旨み凝縮の“赤身”に感動!

JR博多駅から徒歩約10分。街場の喧騒から少し離れた静かなエリアに、オープンした『赤身焼肉USHIO』。黒毛和牛の“赤身”中心のメニューを展開している。使うのは、鹿児島と宮崎の直営農場で黒毛和牛を育てている「新村畜産」の雌牛。融点が低くキメが細かな肉質の雌牛は、ジューシーかつあっさりした味わいが特徴だ。塊肉で仕入れ、丁寧に捌き、部位ごとに分けていく。「最初は盛り合わせを楽しんでもらって、好みの部位を見つけて欲しいですね。2度目以降は好きな部位を単品で楽しんでもらえれば…」。店主やスタッフとの肉談義が楽しめるカウンター席のほか、5室の個室があり、様々なシーンで利用できる。