日本全国、老いも若きも数百万人もの読者を入れ込ませる『鬼滅の刃』。 

人を喰らう鬼たち、そして鬼たちと戦う若者たちのお話です。  

今回は、日本中を席巻している『鬼滅の刃』の 主人公である竈門炭治郎から

目標達成・習慣化の極意を教えてもらおうと思います。  

炭治郎には、「鬼になってしまった妹・禰豆子を人間に戻す」という大きな目標がありました。 

炭治郎は鱗滝左近寺の修行を2年も取り組んだ!

炭治郎は、鬼滅の刃第1巻で鱗滝さんから訓練を受けることとなります。 

鬼滅の刃第1巻は、ほぼ修行の話となっています。 

日数で言うと、修行を終えるまでに2年も経過しています。  

鬼滅の刃の「鬼殺隊見聞録」によれば「隊士が最終選別に行くまでの平均期間は1年ほど」という記述があるため 

炭治郎は平均の倍以上の時間、訓練に耐えたということです。  

また、鬼滅の刃第6巻、蝶屋敷で行われた「機能回復訓練」でも、炭治郎は毎日休まず修行を行います。

初めは、「鬼になってしまった妹・禰豆子を人間に戻す」という目標の叶え方が分からなかったとしても 結果的に見れば、修行や訓練に耐え、毎日の継続が目標達成に近づいたのは確実なことでしょう。  

炭治郎は元々才能があったわけでもなく、どちらかと言うと努力家であり

修行や訓練にも耐え抜く「強い意志・根性」が目標達成や継続の秘訣であると言えそうです。

「続けられること」と「続けられないこと」の差はなんでしょう。

目標を立て、続けよう!と決意したことも、続けることが出来なかった経験。 

皆さん一度はあると思います。  

私も三日坊主で終わってしまう… 

なんて経験が何度もあります。笑  

では、逆に 気付いたら継続している、習慣化しているという経験はありませんか?

例えば、

・スマホのゲームなら楽しい。毎日ログイン! 

・YouTubeを観ることは楽しい。毎日のふとした時間に観ている! 

・ついつい寝る前にスマホをいじる。 

などはどうでしょう。  

思い当たる節は、ありませんか?   

勝手に習慣化していることの共通点は何かと言いますと 

「楽しい」「楽」「快感(不快を避ける)」です。  

人間誰しも 楽しいことをしたい。楽(らく)をしたい。

 気持ち良い〜ことをしていたい。不快なことはしたくない。 

 改めていうほどでもないかもしれませんが、考えてみれば当たり前のことです。 

これは、人間らしい素直な感情だと思います。  

「毎日早起きをする」、「間食をしない」、「英語の勉強をする」

 いくら頭で、やるべきことだ!(正しいことだ!)と分かっていても 

楽しい」「楽」「快感(不快を避ける)」と一致してなければなかなか継続することが出来ません。

むしろ苦痛です。 

続かないのは、人間の素直な反応であり、自分自身のせいではありません。 

 つまり、目標達成秘訣は、「正しい」より「楽しい」。 

大抵の場合、目標達成のための行動(例えば、英語の勉強をする)は 

シンプルに楽しいものではありません。笑  

継続したいことと「楽しい」「楽」「快感(不快を避ける)」を意図的に繋ぎ合わせることが出来れば

継続のハードルはグッと下がります。  

「絶対に続けるぞ!」と決意するのではなく

「楽しい」「楽」「快感(不快を避ける)」と継続したいことを繋ぎ合わせる仕組み作りを考えることが

 継続の秘訣であり、人の感情に逆らわないシンプルな方法です。 

1つ具体例を挙げます。 

定期的な運動をする!という目標を立てたとします。

ジムに通う、ウォーキングするなど… 

方法はいくらでもあると思います。 


例えばですが

 自分好み男前、美人のスタッフ、のインストラクターさんがいるフィットネスジムを探す。 

これは、どうでしょうか。 

 ジムに通うという多少の辛さがあっても、ジムに通うことでインストラクターさんに会えるのは嬉しいですよね。

 嬉しい、つまり「楽しい」「快感」に近い感情です。  

この方法は正確だとは思いませんし

もっと良い方法があるかもしれません。  

ただ、目標を立て、継続しようと考えた時

いかに自分の「楽しい」「快感」を理解して、継続するためのアイデアを考えることができるかどうか 

「楽しい」「快感」とどれだけ結びつけることが出来るか

という発想は1つのヒントになるのではないかと思います。  

炭治郎の目標達成の秘訣は、妥協しない強い意志でなく、「不快」を避ける行動だから継続できる。

鬼滅の刃・炭治郎の話に戻りますと 

修行や訓練をすることが楽しい、楽(らく)と思えませんが

隣にいる禰豆子が鬼の状態のまま、生活を続けることが強烈な「不快」であることは間違いありません。

  炭治郎の目標達成の秘訣も実は 

強い意志というよりも、不快を避けたいという人の素直な感情と結び付いているから

自然と継続出来るのかもしれません。   

 改めて自分にとっての「楽しい」「楽」「快感(不快を避ける)」行動ってなんだろう。

とゆっくり深呼吸をしながら一度考えてみましょう。 


 今回は、炭治郎から 目標達成・習慣化のコツについて考えていきました。(^ ^) 

+4