紅葉シーズン真っ只中。
各地で紅葉のライトアップも行われ、幻想的な空間が広がっています。
今回京都市内の紅葉スポットを巡り、景色と食事を満喫してきました。
各名所の様子やモデルコースの参考としてぜひご覧ください。
※観光の際には感染予防対策を十分に行っております。
※お出かけの際は感染予防対策を十分に行った上でお願いいたします。

◆味味香のカレーうどん


ゆっくりスタートし、お昼過ぎに京都駅到着。
駅のコインロッカーに大きな荷物は預けてまずは駅直結の商業施設Portaへ。
事前にチェックしていた味味香(みみこう)でカレーうどん。
こちらのカレーうどんは京風の出汁を使ったカレーうどんで人気だそうです。
季節限定の紅葉カレーうどん(1,320円)をいただきましたが見た目も鮮やかで、味もまろやか。とってもおいしかったです。



◆霊山護国神社


霊山護国神社は坂本龍馬・中岡慎太郎を始めとした幕末の志士や国のために戦った戦争による戦死者を祭った神社です。
坂本龍馬・中岡慎太郎のお墓へ向かう途中の木々は赤く色づき始めていて、青空にとてもよく映えていました。


紅葉越しに見る京都市街は圧巻です。


また、帰りの下り坂では八坂の塔とも呼ばれる法観寺の五重塔を眺めることもでき、京都らしい景色を臨むことが出来ます。

霊山護国神社公式サイト:http://www.gokoku.or.jp/


◆高台寺


高台寺のライトアップは17時から始まります。
多くの拝観者がいらっしゃっており並んで入場。
境内はとても広く、どこを見ても丁寧に手入れをされておりとても美しいです。


紅葉も見頃には少し早いものの緑から黄色や赤に染まっていく葉のコントラストがとても美しかったです。ライトアップされた木々はとても幻想的でした。

高台寺公式サイト:https://www.kodaiji.com/


◆圓徳院


高台寺からねねの道を挟んで正面にあるのが圓徳院。
高台寺の拝観料とのセット券が販売されているため一緒に訪れてみました。
圓徳院は豊臣秀吉の正室「ねね」が晩年を過ごした仏教寺院です。
南庭・北庭それぞれ紅葉がライトアップされており、多くの方が縁側に座り枯山水と紅葉の美しい風景を眺めていました。

圓徳院公式サイト:https://www.kodaiji.com/entoku-in/ 


◆花咲 萬治郎


夕食は高台寺近くの花咲 萬治郎さんへ。予約必須な京懐石のお店です。
どのお料理も素晴らしい味付け。
見た目も華やか。食材のこだわりも伝わる、一品一品の完成度の高さ。


スタッフさんの心遣いもとても暖かく価格以上の満足感を味わえました。
リピーターさんが多いのも納得です。

花咲 萬治郎公式サイト:https://www.kyoto-manjiro.com/


◆リッチモンドホテルプレミア京都駅前


宿泊は京都駅から徒歩5分のリッチモンドホテルプレミア京都駅前。
駅に預けた荷物を回収し、ホテルへ向かいました。
駅から徒歩5分、少し歩きますが十分歩ける距離です。近くにコンビニもあり便利。
ホテルはとても高級感があり、ところどころに散りばめられた「京都らしさ」が旅行者の心をくすぐります。


朝食は6種類から選べる定食だったのですが、これが大当たり。
京風の味付けでサラダや小鉢もついているので身体に優しい朝食でした。


小鉢がお変わり自由なのもうれしいところ。
湯葉とオクラの和え物がとてもおいしくてついお代わりをしてしまいました。
とってもおいしかったので宿泊の際は朝食付きにすることをオススメします。

リッチモンドホテルプレミア京都駅前公式サイト:https://richmondhotel.jp/kyoto-ekimae/


◆南禅寺


2日目のはじめは南禅寺からスタート。
南禅寺の紅葉はすでに見ごろを迎えており、もみじの赤が目を引きます。


三門に登るとほんのり色づく京都市が一望できます。
また上から見下ろす境内はいつもより色鮮やかでとても美しい。


奥に進むと見えてくる水路閣も必見。
琵琶湖の水を引く水路ですが、そのデザインは圧巻。
レンガ造りの美しいアーチが周囲の緑と黄色に良く映えます。

南禅寺公式サイト:https://www.nanzenji.or.jp/


◆清水寺


京都観光のテッパン、清水寺も訪れました。
清水の舞台と紅葉、とても美しかったです。


みなさんレンタルなどでお着物を着られていてその光景も微笑ましいですね。
次は自分も着てみたいです。(京都市内のあちこちにレンタルきもの屋さんがあったので、観光の際はぜひチェックしてみてください)

ちなみに清水寺では「今年の漢字」を募集していました。
年末にこの清水の舞台で発表される今年の漢字、このように募集していたのですね。

清水寺公式サイト:https://www.kiyomizudera.or.jp/


◆ゆば泉


清水寺から五条坂を下っていくところに見つけたゆば泉。
湯葉専門店でランチもいただけます。
小さいお店なので予約必須ですが、この日は運よくフラッと入れました。
湯葉専門店というだけあってランチの京ゆば膳(2,200円)は小鉢も丼もゆば!お味噌汁の具もゆばです。
湯葉好きにはたまらない。



全部おいしかったのですが、小鉢の3種の湯葉、もっちりしていて自分の中の湯葉の概念を覆すほどの食感とおいしさでした。程よいボリューム(男性だと少し足りないかも)でとても良かったです。

ゆば泉公式サイト:https://gojo.yubasen.co.jp/


◆東福寺


京都紅葉旅、最後は電車に乗って東福寺へ。
JRのCM「そうだ京都へ行こう。」でおなじみの紅葉スポットですね。
来訪は今回が初めてだったのですが、東福寺へと渡る臥雲橋から眺める庭園は絶景!
まるで赤い海です。


対になる通天橋は東福寺境内の庭園にあたり、こちらから臨む方が上から見下ろせるのでより美しく見えます。


東福寺の三門は南禅寺を上回る大きさ、本堂の天井には迫力のある龍の絵が描かれています。
東福寺の庭園は広大で丁寧に手入れがされています。
苔の緑と紅葉の赤が陽に当たって美しく輝いていました。
どこを切り取っても美しい紅葉が眺められる庭園です。

東福寺公式サイト:https://tofukuji.jp/


紅葉を見に京都へ行こう!


新型コロナウイルスの感染も少しずつ収まり、感染対策をしながらであれば少しずつ旅行なども楽しめるようになりました。
京都の紅葉は11月中旬から12月中旬までが見頃とのことです。
一部ではライトアップもされ夜でも紅葉が楽しめるようになっています。
感染対策をしっかりして、京都の秋を楽しんでみてはいかがでしょうか。

+2