みなさんは”MRI”という言葉を耳にしたこと、もしくはこの検査を経験したことはありますか?

(下の写真の機械です。)

 

 

経験したことのある人ならお分かりでしょうが、

MRIの検査では、「ゴンゴンゴン、ギーギーギー」というような、工事でもしてるの⁉と思うほどの、非常に大きな音が発生することと、撮影時間が非常に長いことが特徴です。

 

実はこのMRIは、磁石の力で体の中の画像を撮ることが出来るんです。

磁石の力で⁉不思議ではないですか?

 

そこで、今回は

この不思議な”MRI”という機器についてものすご〜く簡単に紹介したいと思います。

(すごく原理が難しいのでごくごく簡単なイメージを紹介します)

 

MRIとは『Magnetic Resonance Imaging』の頭文字をとった略称で、日本語に訳すと「核磁気共鳴画像法」となります。

 

「核磁気共鳴画像法」を調べてみると…

”強い磁場を当て、生体内の分子の共鳴の程度を検出し、画像として描出する方法。これにより、人体の立体的な画像が得られる。また、血流量の測定や血管撮影なども行える。”

https://kotobank.jp/word/MRI%28磁気共鳴映像法%29-898255

 

と書いてあります。

難しいですね…。

 

この説明文だと難しいですが、簡単に言い換えると

「強い磁石の力を用いて、体の中の水分から情報を得ている」

ということなんです。

 

 

早速ですが皆さんにイメージしてほしいものがあります!

小学生の頃の理科の実験で一度は経験があるであろう「磁石と砂鉄の実験

です。

 

バラバラにばらまかれた砂鉄の中に磁石を置くと、、、

下の写真のように砂鉄が綺麗に整列しますよね!?

 

「提供:学研キッズネット」

 

バラバラだった砂鉄が、“磁石の力”によって規則正しく整列します。

 

この現象!

この現象と同じようなことが人の体の中で起きるのです!

 

「砂鉄→ 体の中の水分」

「磁石→ MRIの機械」

と置き換えてみて考えます。

(体の約70%は水分で出来ています。その為ばらまかれた砂鉄のように、体じゅうにびっしり水分があるとイメージしてくださいね)

 

つまり、

MRIの機械の中に入ると、

バラバラだった体の中の水分(の向き)がMRIの磁石の力によって規則正しく整列するんですね。まさに驚き!の現象でしょう?

 

 

「え?磁石の力で?…」と思う方もいると思いますが、

このような状況は、並大抵の磁石の力では起こり得ません。

 

非常に大きな磁石の力を使っています。

 

どれぐらい大きいかと言いますと、、、

 

病院のベッドなんて軽々持ち上がってMRIの機械にくっついちゃいますね!

ゾウをも持ち上げれるくらいの力だとも言えます!

(詳しく説明すると、磁束密度は直接力に換算できませんので、一概には言えませんが、そのくらい強いとイメージしていただいて構いません。)

1m角の電磁石なら数十、数百t程度までを吊るすことができます!!

 

 

ちなみに、なぜ体の中の水分(正確には水分子の一部のプロトン)が磁石のような性質を持つのかは、ここでは割愛しますのでそういうものなんだなあ〜と考えてください。

 

さてMRIの話に戻りますと、

磁石の力でキレイに並ぶ砂鉄のように

体の水分が規則正しく並んだ状態になります。

 

その後、この状態の人の体に対して

電波(ラジオ波)を当てて、画像を作成して行くのです。

 

 

非常に難しい原理ですが、

MRIの検査では、こんな原理を利用して体の中の画像を作り出し、医療に活かしているんですね。

 

磁石の力を用いて、電波を当てることで体の中の画像を作り出す!

という発想に驚かされます。

 

今回は簡単にしかMRIの原理には触れていませんが、

非常に強い磁石の力が発生していますので、MRIの機械の部屋には金属は持ち込めないんですね。

 

詳しく説明すればキリがないMRIですが、

簡潔にまとめますと、

「磁石の力で画像を取る!」

「放射線を使わない検査だから被ばくはない!」

「検査の時間が長くて大きな音がするけど、心配しなくて大丈夫!」

と言い換えれるのかなと思います。

 

MRIが一般的に普及してきたのは、1980〜1990年代からです。

意外に最近普及してきた検査なんですね。でも今では、欠かせない検査として、非常に多くの場面で使用されています。

間違いなく、30年前には、考えもしなかった状況ですよね。

 

未来の30年後、医療はどう変わっていくのでしょうか。

これからの進歩が楽しみです!(^-^)