それはワールドカップを夢中で見ていた日のこと。

CMに入り、何気なく見ていると

新型ジムニーが目に飛び込んできた。

“かっこよすぎるぞジムニー!!”

・・ということでワールドカップを観戦しつつジムニー情報を検索。

その翌週には試乗していました。

 

出典:SUZUKI

 

 

1970年に誕生し、20年ぶり4度目のフルチェンジとなる“新型ジムニー”

近年、どのブランドも曲線的なデザインが主流になっている車業界。

その中、今回誕生したジムニーは80年代のフォルムを彷彿させる

カクカクとしたボディが魅力的。

 

出典:SUZUKI

 

 

アイボリーやジャングルグリーンなどが人気のようですが、

私が見てみたかったのは、こちらのミディアムグレー。

この無機質な感じが、スクエアボディをますます男前にしています。

カラーは9色。ツートンカラーを入れると13色。

 

 

 

いざ試乗してみると まず、程よくクッションの効いたシートが心地いい。

キーレスエンジンスタートボタンを押して走り始めると

出だしもスムーズで振動もほとんどない。

軽自動車とは思えないような快適さでした。

 

 

標識や道路に表示された最高速度なども

認識して教えてくれる“標識認識機能”や、

急な下り坂などでブレーキを自動制御する“ヒルディセントコントロール”、

設定した速度を自動的に維持する“クルーズコントロール”

もちろんオフロード四輪駆動車ならではの

ローギアモードもしっかり備わっています。

 

出典:SUZUKI

 

 

ディーラーの方のお話では、

すでに予約が殺到していて納期は6ヶ月〜9ヶ月待ち。

生産台数の少ないジムニー シエラになると1年以上かかるそうです。

さすが人気車ですね。

 

出典:SUZUKI

 

 

世代を超えて愛され続けてきたジムニー。

日本のみならず世界中に多くのファンがいるのも納得です。