標高950mの高台にあるスノーピーク奥日田キャンプ場。

ここは青空も星空も、時には雲海も楽しめるスポットです。

 

Source: URL https://sbs.snowpeak.co.jp/okuhita/

 

まずは管理棟でチェックイン。見晴らし抜群のこの管理棟にはsnow peakのショップも入っているので、ついお買い物スイッチが入ってしまいます。

 

Source: URL https://sbs.snowpeak.co.jp/okuhita/

 

サイトは高台から景色が見渡せるフリーサイト(電源なし)と、森の中にいるような木に囲まれた区画サイト(電源付き)があります。絶景を選ぶか、電源を確保するか悩むところですよね。

 

Source: URL https://sbs.snowpeak.co.jp/okuhita/

 

テントとタープを設置したら、まずは現地で調達した馬刺しとビールで乾杯。コレたまらんわ・・と、馬刺しにはまっているうちに気づけば冷蔵庫のような寒さ。秋キャンプは、日暮れが近づくと一気に寒くなってきます。

 

▲設置完了。テントの中はこんな感じ。

相棒の Hilleberg nammatj3は、寝るスペースとモノを置く空間が分かれていて便利。

 

 

夜ご飯のメインはブイヤベース。コトコト火にかけているうちにバーベキューを楽しみ、一段と寒くなってきたころに熱々のブイヤベースで温まるという作戦。ブイヤベースは好みの野菜を炒め、魚介類を加えて煮込むだけ。サフランと有頭エビさえ入れば、ちょっと本格的にみえるのでキャンプにはもってこいのお料理。魚介類の旨味がたっぷり入った熱々スープは、冷えた体にじんわりしみ込んでいきます。

 

 

デザート代わりに焼き芋も作ってみました。まぁ、作るといってもさつまいもをホイルで包んで炭の上に置いておくだけですが、炭火の遠赤外線効果でホクホクに。“焼き芋片手に星空を眺める”そんな無防備な時間もまたキャンプならではのいい時間です。

 

 

さんざん食べ尽くした後は、優しい灯りの中でまったり。アウトドアで使うギアって一つ一つにこだわりがあって見ていて飽きないんですよね。今回、秋の夜長を楽しませてくれたギアたちはこちら。

 

▲長年愛用している定番キャンドル。

【UCO/ キャンドルランタン】

 

▲テントの中がほんのり温まる小さなヒーター。

【Atelier Wabee-Sabee/ ホットキャンディヒーター】

 

 

 

キャンプ場の朝はとにかく早い。さくっと顔を洗った後は、まず一杯のコーヒーを。家だとスイッチ一つでできるコーヒーも外ではひと手間。だからこそ、できあがった一杯がいつもよりも美味しく感じるのかもしれません。

 

 

朝ごはんは、もりもりのレタスとチーズとハムを挟んだサンドイッチ、そして晩ご飯の残りのブイヤベース。

 

 

暑すぎず、寒すぎず。

皆さんも行楽の秋を楽しんでくださいね。