30歳になった時初めてCHANELを身につけた。
CHANELが似合う女性になりたくて、なりたくて30歳までは自分に身につけないと固く心に誓って…

 

 

ハイブランド。
憧れであり、手に入れたくても一般庶民にはなかなかすぐ手に入れられない物達。だからこそそこに価値があり、デザイナーやブランドイメージが強く各seasonごとに常に時代の最先端を彩ってくれている物。そして、その発表を皮切りに大量生産ブランドがフェイクを作り上げ何気なく普段私達が身につけている物達へと変わって行く。

 

朝起きて、さっと手にとってさっと着たブルーのニット。
【ブルー】
ほんとにブルーなのか?

早朝から色々な会議がなされ、何度も生地が裁断されて立体裁断に変わる。そして細かい修正がされて出来上がる1着。ファッション雑誌の表紙を飾る時このワンピースにはバックルが大きい丸いタイプ?それとも四角?

ファッションに興味がなければベルトなんてきっとどっちでもいい。そもそも2つのベルトの違いさえわからないはず。何気なく手にとって着てるブルーのニット。

コレクションで打ち出され世に出回って、ロイヤルブルーがライトブルーに変わってる事なんて当たり前。でもその何気なく手にとって普段着てるブルーのニットがほんとは沢山の人達の想いのもとに初めは創りだされてるって事を少しでも心の何処かに想ってて欲しい。

ハイブランドを手にとった時の瞬間や、手に入れた時の嬉しさ、想いを忘れずに…。

 

 

物を買う時にとりあえずの気持ちをやめてみて!きっとファッションにおいて大切な事が見つかるはず。

 

【貧困の反対が贅沢だと考えている人もいるけれど、それは違う。
下品の反対が贅沢なのよ】

ココ シャネル

 

Yukimi